MENU

職場紹介

workplace
ホーム > 採用情報 > 職場紹介

職場紹介Workplace

大久保製壜所の技術を支える職場を紹介します。
General Affairs Department
総務部
総務課は経理・人事・庶務ならびに原材料・梱包資材発注を行う調達まで、当社唯一の管理部門として幅広い領域をカバーしています。一方で、経理や人事の業務では、深い専門知識や経験に基づく判断が要求される場面も数多くありますので、夫々の業務領域でのプロフェッショナルを目指した研鑽が個々の所属員に要求される部門でもあります。
Sales Department
営業部
お客様と直に接し、先方のニーズに応えた製品・商品の情報やサンプルを提供します。
かつてはガラス瓶を商材に、医薬品メーカー向けルートセールスが活動の主体でしたが、最近では樹脂容器などの小口取引先も増え、新規開拓にも積極的に力を入れてきており、営業手法も多様化し始めております。
Production Department
生産部(製壜課)
その名の通りガラス瓶造りの中心となる部門で、溶解炉への原料投入に始まり、溶解、自動製壜機 への移送、成型、までの源流工程を一手に引受けます。
付加価値を生み出す製造部門の花形である反面、24時間・365日休まずラインを稼働させ、1本でも多くの良品を造り続けることが要求される、些か過酷な職場でもあります。
Production Department
生産部(検査課)
ガラスの持つ特性で、少しでも製造時の条件や環境が変わってしまうと同じガラス瓶は造れません。
ほんの些細な欠点でも規格に沿わない製品は、検査課で容赦なく不良品として廃棄処分されます。
この部門では機械、人間による2重のチェックポイントを設け、規格に合わない製品がお客様まで届くことが無いよう、昼夜眼を光らせています。
Production Department
生産部(技術課)
金型グループ
ガラス瓶の成型に欠かせない金型、その設計・委託製造・修理・保管を一手に引受ける部門です。
他にお客様の要求を満足させる製品の実現化に向けた金型の技術改良、原価低減活動、クレーム対応なども大切な任務です。
Production Department
生産部(技術課)
設備グループ
ライン毎に造る製品が異なる上、頻度が高ければ日毎に造る製品が変わるフレキシブルな生産。
こうした生産を可能とするのは型替えと称される金型交換の職人集団、設備グループの存在です。
他に製造関連機械や電気設備の保守管理・修理も守備範囲としています。
Quality management
品質管理課
製品が顧客要求事項や法規制に適合しているかを検証し、製品品質の維持・管理を行う部門です。
抜取検査による製品の出荷判定、クレームの原因究明、お客様の要求事項を営業員と一緒になって客先にて協議を行うなど、品質に関する広範な業務に係わります。

お問い合わせContact

株式会社大久保製壜所ではお気軽にご質問、ご相談を承っております。
ご相談やご質問は下記のお問合せフォームよりご相談ください。
ページトップへ